セミナー・シンポジウム等

▮2022年度

一般向けオンラインセミナーの開催

オンラインセミナー「欧州の気候市民会議の最新動向と日本の学び」

・日時 :2022725日(火) 16:00~18:15

・参加者約 255

・主催 :一般社団法人 環境政策対話研究所

・共催 :公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

 欧州各地で展開されている気候市民会議について、それらの意義を気候民主主義という視点からの報告し、日本としてその活動から何を学ぶべきかを議論しました。

 また、当初想定を遥かに越える人数のご参加と、多くの貴重な質問やご意見を頂き、この問題に対する関心の深さを改めて痛感しました。

 

     タイトルスライド・プログラム_20220725_page-0002.jpg

     タイトルスライド・プログラム_20220725_page-0003.jpg

 

2021年度

一般向けオンラインセミナーの開催

 

(1) オンラインセミナー 「福島・除去土壌等の中間貯蔵事業の進捗と今後の見通し」

・日時 :2021621日(月) 11:0012:05

・講師 :中間貯蔵・環境安全事業株式会社代表取締役社長 小林正明氏

・参加者約 40

・主催 :一般社団法人 環境政策対話研究所

 当研究所正会員の小林正明氏(中間貯蔵・環境安全事業株式会社代表取締役社長)を講師にお招きし、福島における放射性物質除去土壌の処理の進捗状況、今後の見通しをテーマにお話しいただきました。

 

(2)  脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー 「脱炭素かわさき市民会議の報告」

・日時 :2022322日(火) 13:30∼16:00

・参加者約 60

 「脱炭素かわさき市民会議」の結果を報告すると共に、地域における参加と熟議の場づくりが、自 治体が地域社会や市民と共に脱炭素社会づくりを推進していくためのツールとして日本社会に広まり、定着していくにはどうしたらよいかを考える、活発な意見交換の場にすることを目的としました。

 

2020年度

一般向けオンラインセミナーの開催  主催 :一般社団法人 環境政策対話研究所

 

(1)  脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー

・日時 :2021215日実施

・参加者 50(主催者・事務局を除く)

 『ゼロカーボンシティと市民参画に関するアンケート結果』(With 未来考研究所代表 浦野栄子)

 『気候市民会議さっぽろ 2020 について」<全国初の試行とその背景>(北大准教授 三上直之)

 

(2) 「欧州で広がる気候市民会議の手法面での背景を探る」(勉強会)

202132日実施

・参加者 47(主催者・事務局を除く)

・欧州で広がる気候市民会議についてより深く学び、参加者の皆さまとの活発な意見交換の場 (発表者:北大准教授 三上直之)

 

(3) 「欧州の気候市民会議に学ぶ」オンラインセミナー

・日時 :2021326日実施

・参加者 59(主催者・事務局を除く)

・市民会議の提言が憲法改正や法律改正にまで影響を及ぼす結果となっているフランスに着目し、ここにたどり着くまでの動きを紹介し、そこから我々が何を学ぶべきかを報告しました。 (発表者:吉田徹 北海道大学教授、中村博子(一社)環境政策対話研究所客員研究員)

 

2019年度

シンポジウムの開催

シンポジウム「脱炭素トランジションと市民参加・熟議」

・日時 :2020214日(金)13:0017:30

・場所 : 衆議院第一議員会館

・参加者:国会議員(議員2名、秘書7名)、官界、研究機関、産業界、報道機関、個人等110

・主催 :一般社団法人 環境政策対話研究所 

・共催 :公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

・プログラム: 基調講演:西岡秀三氏(IGES 参与);講演「くじ引きによる民主主義」;吉田徹氏(北海道大 学教授);欧州事例報告:中村博子(環境政策対話研究所客員研究員)、石川雅紀(神戸大学名誉教授)、松下和夫(京都大学名誉教授);パネルディスカッション:(進行)三上直之氏(北海道大学准教授)

 

2018年度

シンポジウムの開催

 次世代エネルギーワークショップ総括シンポジウム

シンポジウム「『次世代エネルギーワークショップ(学生編)』の振返り

・総括野心的なエネルギ ー変革と脱炭素社会を考える」の開催

・日時 :2018728日(1017 時)

・場所 :上智大学2号館17階会議場にて

・主催 :次世代エネルギーワークショップ実行委員会

・共催 :上智大学、一般社団法人 環境政策対話研究所

・後援 :三井物産株式会社

201517年度の3カ年間のワークショップの総括

・振返りと今後の展開について、ワークショッ プに参加した学生 OB、活動推進に関わった専門家等により討議。併せて記念講演を実施しました。

・シンポジウムの結果は、集約し、当研究所ホームページに掲載しております。 

 

2017年度

シンポジウムの開催

テーマ:「中国第13次5カ年計画における自動車リサイクル政策の推進と日中協力」

・日時 : 201737

・場所 :上智大学

・主催 :一般社団法人 環境政策対話研究所 

・共催 :公益財団法人 地球環境戦略研究機構

 

2016年度

講演会の開催

「2050年に向けてエネルギー・環境戦略を考える」

・日時 :2016716

・場所 :上智大学2号館17階の国際会議場において

・講演 1「福島第一原子力発電所事故後の対応状況」

影山 嘉宏 (東京臨海リサイクルパワー㈱代表取締役社長、前東京電力ホールディングスフェロー・ 福島第一廃炉推進カンパニー)

・講演 2「パリ協定を踏まえた日本の気候政策」

関谷 毅史(環境省地球環境局国際連携課長)

・講演 3「報告 次世代エネルギーワークショップ開催結果と今後の展望」

柳下正治(エネルギーワークショップ実行委員長)