お知らせ

2019-11-22 15:26:00

2019年度次世代エネルギーワークショップ(学生編・名古屋会場)が開催されました

2019年度次世代エネルギーワークショップ(学生編・名古屋会場)30年後のエネルギー選択を考える~、を1116日・17日、名古屋市立大学山の畑キャンパスで開催しました。西日本の22大学と2高等専門学校の学生45名が参加しました。理系、文系、大学院生、大学生、高専生、留学生たちが、2日間にわたって、2050年のエネルギーのありようについて、多角的な視点からの討議を重ねました。

ワークショップの進めかたは、参加者がエネルギーに関する「基礎情報」を共有し、個々人の価値観に基づいた活発なグループ討議(類似価値観グループ、異価値観グループ)を重ね、熟慮し、2050年を見据えたエネルギー選択の最終案を発表しました。

参加した学生から、「自分にない視点をえて、新たな気づきがあった」「類似価値と異価値の討議が面白かった」「普段できない本気の議論ができた」などのコメントがありました。「討議」にあまり慣れていない次世代が、「違い」を否定することなく認めながら、自分の意見を伝え、新たなものを生み出していくプロセスが、難しくもあり、面白くもあったようです。自分の思考や価値観が他者の意見によって、「なんで?」「でも…」「やっぱり…」と揺さぶられるため、疲労感と満足感が入り混じった表情をしていました。

初めて会った、多様な分野を学ぶ、年齢も経験も違う学生たちが、「2050年の日本の社会像」を描き、その実現のためのシナリオを作っていく過程は、今後日本が市民社会となっていくために必要なスキルを育みます。今回参加した学生が、今後何かを選択する際に、たった2日間の経験ですが、ここでの気づきや学びが少しでも活かされることを願います。

①全景(全容)②.jpg

 

③シミュレーション実施風景.jpg

 

2019-10-18 11:19:00

ニュースレター(会報)第2号を発行しました

「ニュースレター(会報)」のページにて、掲載しております。

是非ご覧ください。

http://inst-dep.com/free/newsletter

2019-10-16 16:50:00

「エネルギー・環境政策における熟議のあり方とは -2012年の国民的議論と討論型世論調査の経験と課題」について発表しました

当研究所の柳下代表理事が、立憲民主党エネルギー調査会主催の「エネルギー調査会オープンフォーラム」において、「エネルギー・環境政策における熟議のあり方とはー2012年の国民的議論と討論型世論調査の経験と課題」について発表を行いました。

 

 

2019-10-07 12:12:00

【終了しました】次世代エネルギーWS(若手社会人編)参加者募集中!!

 次世代エネルギーWS(若手社会人編)の参加者の募集を開始しました。

 

■開催日時:2020年1月31日() 10:30-18:00(懇親交流会1830-)・2月1日()  9:15-17:10

■開催場所:東京都市大学二子玉川夢キャンパス(東急田園都市線・東急大井町線 二子玉川駅すぐ)

■募集参加者:50

■参加費:20,000円(一般企業)・10,000円(NPO等個人参加)・5,000円(大学院生)

※費用には、情報料集、懇親会費、昼食費が含まれます。宿泊費は含みません。

 詳細は、添付の募集要項をご参照ください。

 

pdf 2019年度_次世代エネルギーWS(若手社会人編)募集要項 (1.07MB)

 

 

2019-10-06 16:49:00

【開催案内】次世代エネルギーWS(学生編・名古屋会場)

「次世代エネルギーワークショップ(学生編・名古屋会場)」の詳細が決定しました。

西日本を中心に46名の学生が参加予定です。

 

■開催日時:11月16日(土)・11月17日(日)の2日間

■開催場所:名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス2号館3階303教室(アクティブラーニング室)

■アクセス:桜通線「桜山」駅下車5番で口から徒歩12分

https://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html

 

※詳細は、添付のプログラムをご参照ください。

 

pdf 2019年度_次世代エネルギーWS(学生編・名古屋会場)_プログラム (1.24MB)

 

 

  

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...